≫ なめたがれい
カレイはカレイでも、なめたがれいは全然違う!肉厚で油のノリもよく、煮付けにすると最高です!その味は一度食べれば、やみつきに・・・。

≫ めかじき
あまり県外に出ることのない幻の食材めかじき。気仙沼魚市場には毎日のようにめかじきが水揚げされています!

≫ 秋鮭
新鮮な秋鮭が市場に水揚げされる様子を収めました!この素晴らしい銀鮭の姿と鮮度の良さをご覧下さい!

≫ お客様の声
東京赤坂にある有名レストラン「イルカシータ」の梶原シェフからも気仙沼の魚をご好評いただいております!

トップページ > さんま
さんま
オススメ調理法
塩焼き、お刺身、すり身、みりん干しなど多様な調理で美味しく食べられます。
水揚げ時季 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
                       
特徴
脂肪の多い魚で、脂ののったものが美味しいです。とれる時期によって脂のつき方に差があります。気仙沼港ではピストン操業がはじまり毎日何百トンという量の水揚げが行われます。
選び方
丸々太っていて、下あごの先端が黄色く、しっぽを持って頭を下に向けると刀のようにピンと立つものが鮮度が良い証拠です。また、えらが鮮紅色のものを選びましょう。
代表的な食べ方
塩焼き、蒲焼、幽庵焼き、有馬煮、竜田揚げなど、少しクセのある魚ですので、味が濃い目の調理をするのがポイントになります。三陸のものは刺身で味わって頂きたいです。
旬と産卵期
旬は10月です。この時期に三陸でとれるものは「えびすさんま」と言われています。産卵期は秋から春にかけてです。
参考価格表
気仙沼ではさんまの水揚げ量が非常に多く、秋口からは仕入れの価格もお手頃です。秋の定番メニューとして多くの店舗様が仕入れる魚です。
(注)この価格表は2009年の事例となります。価格は水揚げ量、時季等によって異なります。





気仙沼水揚げ鮮魚・魚介類情報




「気仙沼魚情報.COM」は、株式会社気仙沼商会が運営する情報提供サイトです。株式会社気仙沼商会のWebサイトはこちら ≫ 気仙沼商会コーポレートサイト