≫ なめたがれい
カレイはカレイでも、なめたがれいは全然違う!肉厚で油のノリもよく、煮付けにすると最高です!その味は一度食べれば、やみつきに・・・。

≫ めかじき
あまり県外に出ることのない幻の食材めかじき。気仙沼魚市場には毎日のようにめかじきが水揚げされています!

≫ 秋鮭
新鮮な秋鮭が市場に水揚げされる様子を収めました!この素晴らしい銀鮭の姿と鮮度の良さをご覧下さい!

≫ お客様の声
東京赤坂にある有名レストラン「イルカシータ」の梶原シェフからも気仙沼の魚をご好評いただいております!

トップページ > なめたがれい
なめたがれい
オススメ調理法
和洋中
塩焼きや刺身も美味いが、煮付けが一番!
水揚げ時季 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
                       
特徴
白身で熱を通すとぐっと締まり、クセがなく身離れがいいです。子持ちのものが珍重されます。大きさは50cm程になり、口は小さく、体は肉厚で体表がヌルヌルとしていることが特徴です。ナメタという名前は「滑多」からきています。
選び方
ぬめりに透明感のあるもの、また触って厚みを感じて硬いものを選びましょう。
代表的な食べ方
煮つけが美味しく、なめたがれいは煮付けに限るともいえます。しょうゆ味で煮ると身が締まり、淡白な味わいの中に旨みと甘みが混在し、他のかれいの追随を許さない程の美味です。
旬と産卵期
秋口から入荷が増え、旬は晩秋から翌春です。活けでの入荷もあります。関東では昔から食べられてきた魚で、高値で安定しています。産卵期は3月~4月です。
参考価格表
なめたがれいは秋口から価格が上がりました。お客様からは「いつも最高に美味しい」という評価を頂く魚です。
(注)この価格表は2009年の事例となります。価格は水揚げ量、時季等によって異なります。





気仙沼水揚げ鮮魚・魚介類情報




「気仙沼魚情報.COM」は、株式会社気仙沼商会が運営する情報提供サイトです。株式会社気仙沼商会のWebサイトはこちら ≫ 気仙沼商会コーポレートサイト